Branding 広報体制の見直し

幅広いメディアへの継続的な露出と認知度アップを促進

企業・ブランド・製品・サービスの強みと独自性を、社会のトレンドや季節要因にフィットした「切り口」と「ストーリー」に乗せ、計画的に持続性のある露出を図るための期間契約「リテーナー」型PR。

Needs:こんなニーズをサポート!

  • メディア(テレビや新聞、雑誌、Webなど)にもっと報道されたい
  • 自社ブランドと競合他社の差別化を強化したい
  • 持続性のある認知度の向上を、中長期で図りたい
  • 社内の広報体制を稼働させながら整備したい

PR・広報活動の企画・設計から運営サポートをワンストップで

最適なPR戦略をあみ出す」プロセス

タイムリーな切り口に乗せ、魅力的なストーリーをつくる

パブリシティとして各種メディアに載せるには、記者・編集者が「今 ぜひ記事にしたい!」と思えるような魅力的な「ストーリー」(コンテンツ)が必要です。
そのためには、社会情勢を客観的に広い視野で考察したうえで、時流・トレンド、社会性・時事、季節要因など、ターゲットの日常やニーズに強く関連する「切り口」をタイムリーに設定することがとても重要なポイントになります。
類似テーマでの露出の調査・傾向分析(報道分析)に基づき、効果的なメディア展開を設計し、オリジナリティが際立つPRをサポートします。

ページトップ